貸し倉庫・トランクルームの種類を解説!それぞれの特徴とメリット | レンタル倉庫のアズカリバスターズ

貸し倉庫・トランクルームの種類を解説!それぞれの特徴とメリット

貸倉庫やトランクルームは複数の種類があります。屋内型・屋外型、ボックスタイプ・ルームタイプなど、多くのタイプがあるので迷うことがあるかもしれません。

預ける物や用途によって、活用できる種類やメリット・デメリットが異なるため、それぞれの特徴を把握して、適したものを選びましょう。

屋内型・屋外型のメリット・デメリット

貸倉庫やトランクルームは、大きく分けると「屋内型」「屋外型」に分かれています。

屋内型、屋外型のそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

【屋内型のメリット】
・建物の中にあるためセキュリティレベルが高い
・業者ごとにさまざまなスペースが用意されている
・空調設備があるため室温や湿気のコントロールが適切

【屋内型のデメリット】
・屋外型よりも費用が高め
・駐車場がないこともある

屋内型はセキュリティレベルや空調設備に関する条件を重視したいとき、大きなメリットを感じられるでしょう。デメリットは費用面、場合によっては交通面に関して不便を感じる可能性があります。

【屋外型のメリット】
・屋内型よりも費用がお手頃
・広いスペースを確保できることが多い
・家財やオートバイなど大型の物でも対応しやすい

【屋外型のデメリット】
・屋内型と比べると空調設備が不安
・オフィスから遠い可能性がある

屋外型はコンテナタイプのため、広いスペースを手頃な料金で借りられるメリットがあります。デメリットは空調設備や、郊外にあることが多いがゆえのオフィスからの距離になりそうです。

ボックスタイプ・ルームタイプの違い

ボックスタイプはいわゆる屋外型のコンテナです。郊外や広い敷地にずらりと並んだコンテナを見かけたことがある人も多いでしょう。最近ではアパートのような簡易的な屋根がついているタイプもあり、悪天候の日でも利用がしやすくなっています。

どちらかと言うと空調に関する設備に不足があるケースが多いため、精密機器のような空調管理が重要な物よりは、書類や高温多湿に強いタイプの物を置いていくのに適しています。

ルームタイプはビルをはじめとした建物の中にある、いわゆる室内型です。小部屋に分かれたスペース、もしくはワンフロアを収納スペースとしてレンタルできます。郊外はもとより、敷地を確保しにくい都心部で人気を集めています。

セキュリティが高いため、機密性の高い書類や商品在庫などを保管することに適しています。空調設備も整っていますので、品質を劣化させたくない物の保管にも役立つでしょう。

預ける物や必須条件でタイプを選ぼう

貸倉庫やトランクルームのタイプは、預ける物の性質によって選ぶ方法がおすすめです。屋内型には屋内型の、屋外型には屋外型のメリット・デメリットがあります。

また、オフィスからの距離や料金も気になりますよね。気になる点はどんどんチェックして、安心して使える貸倉庫やトランクルームを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました