貸倉庫(レンタル倉庫)とは? | レンタル倉庫のアズカリバスターズ

貸倉庫(レンタル倉庫)とは?

近年、物を保管するために貸倉庫やレンタル倉庫、トランクルームを使う法人が増加しています。オフィスに保管するとスペースを圧迫してしまう物の保管を外部でおこなうことは、オフィスの環境を向上させる効果も期待できるでしょう。

ひとくちに貸倉庫、レンタル倉庫と言っても、その種類はさまざまです。法人の業種や規模によっては選ぶべき種類も異なってきます。貸倉庫の基本情報をおさえ、適切な種類を選択しましょう。

貸倉庫とは?

簡単に言うと、「倉庫のスペースや倉庫全体をレンタルできる」建物です。契約の際には賃貸借契約となり、契約に応じた内容の手続きが必要になります。

「賃貸物件を借りる」と考えておいても差し支えないでしょう。ただ、賃貸物件のようだとはいえ、中に住んだりワーキングスペースにすることはNGです。

あくまで「物を保管しておける場所」として扱われます。

貸倉庫・レンタル倉庫に預けられる物は?

多くの貸倉庫では、お預かりする物品に対して、基本的に制限をかけることはありません。ただ、「ほかの利用者に迷惑をかけると予想される物」「危険物」「法律に違反する物」は禁じられています。

その条件さえ守れば、ほとんどの物の保管が可能です。しかし業者によっては有価証券や貴金属、宝石類、現金、通帳や印鑑など、高価な物品の保管はお断りするケースがあります。

法人ならオフィス家具やパソコン、備品など、幅広い物を保管しておけるでしょう。オフィス移転時の家具やOA機器の一時的な置き場所や、決まったシーズンやイベントにしか使わない備品の保管場所としてなど、目的に合わせてさまざまな用途に使えます。

物を保管している間は、定期的に様子を見に行くのもおすすめです。品質に変化はないか、無駄なスペースを使っていないかなど、小まめにチェックしておきましょう。掃除や空調チェックもしておくと安心です。

貸倉庫の中に収納家具を入れられる業者も

業者によっては、貸倉庫の中に本棚やラックなど、収納スペースを有効活用するための家具を入れることができます。縦方向にも空間を活用できるので、スペースを省略するメリットがあります。

重量のある物を保管したい個人や法人なら、パレットラックやポストラックもおすすめです。工場にあるような見た目をしている物が多いのですが、およそ500kg以上の荷物の積載が可能であったり、使わないときには畳んで収納しておけるタイプもあるため、重いOA機器やオフィス家具を保管するときにとても役に立ってくれますよ。

タイトルとURLをコピーしました