レンタル倉庫・貸倉庫とは?主な使い方・目的もご紹介 | 法人向けレンタル倉庫のアズカリバスターズ

レンタル倉庫・貸倉庫とは?主な使い方・目的もご紹介

レンタル倉庫・貸倉庫と言うとどんなイメージがありますか?「家に置ききれないものを預けておくコンテナ」「引っ越しの荷物の一時保管場所」などかもしれません。

レンタル倉庫や貸倉庫は、個人で使いやすいもの、そして法人オフィスで使いやすいものなどさまざまです。

今回は、レンタル倉庫・貸倉庫の使い方や目的についてご紹介します。

どんな使い方ができる?個人も法人もOK!

レンタル倉庫、貸倉庫は、いわば「物をお預かりするサービス」です。お客様のご事情に合わせ、規約内で自由に物を預けられます。最近は個人への需要も高まり、街のあちこちで見かけるようになってきました。

個人だけではなく、法人に向けたレンタル倉庫もあります。個人、法人ともにお預かりできるものは幅が広く、家具や家電をはじめ、大型のバイクのような趣味のものもOKです。法人ならオフィス備品、オフィス什器など、多くのものを保管しておくことができます。

倉庫の種類は主に、「自由に出し入れできる倉庫」「レンタル倉庫スタッフが出し入れする倉庫」に分かれています。

自分でいつでも自由に出し入れがしたいときには前者のレンタル倉庫を探すと良いでしょう。後者の場合、レンタル倉庫スタッフ以外は、お預かりしている品に触ることがないため、セキュリティ面での安全度が上がるというメリットがあります。また、機密性が高いため、法人の荷物をお預かりするのに向いています。

どうしてレンタル倉庫・貸倉庫があるの?

レンタル倉庫・貸倉庫は、以下のような事情があるときに非常に役に立ちます。

・ご家庭、オフィスのスペースを圧迫するが処分できないものがある
・普段はあまり使わないが、使うときのために安全に保管しておきたい

ご家庭でもオフィスでも、荷物が増えていくのはよくあることです。しかし、どうしても捨てられないものもあるでしょう。そんなときにはレンタル倉庫を使うと便利です。

普段あまり使わない、でも必ず使うときがある、といったものも、スペースを圧迫しがちです。そうかと言って、周辺に置きっぱなしにしておくような適当な保管は安全面が気になりますよね。レンタル倉庫はその点で安心です。

レンタル倉庫は屋外型なら防犯カメラがついていたり、警備員が見回り点検をすることも少なくありません。屋内型なら防犯カメラはもちろん、入室のための手続きを必要とするタイプもあります。大切な荷物を安全に保管できる環境が揃っているのです。

また、屋内型にはエアコンが設置されていることがほとんどです。温度や湿度を適切に管理できるため、お預かりした荷物の劣化を防ぎやすい状態になっています。

レンタル倉庫・貸倉庫は目的に合わせて選ぼう

屋外型、屋内型で少々の環境の違いはありますが、レンタル倉庫はご家庭やオフィスで快適なスペースを確保するために便利なものです。

また、セキュリティ面や品質劣化防止に重点を置いているレンタル倉庫も多く、大切なものを保管することに向いている場所だと言えるでしょう。

多様なニーズに応えるレンタル倉庫が選べる時代になっています。ぜひ目的に合わせて、快適に使えるレンタル倉庫を見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました