【法人向け】レンタル倉庫・トランクルーム・配送|オフィス家具・什器とIT機器保管の企業向けサービス

倉庫のパレットラックとポストラックの違いとは?

貸倉庫をはじめ、倉庫には荷物を保管するラックを置いてあることがほとんどです。どんな形をしているのか、預けたいオフィス什器やOA機器と照らし合わせながら考えたいものですよね。

倉庫でよく使われているラックには、パレットラック、ポストラックと呼ばれる種類があります。どのような違いがあるのでしょうか?

パレットラックは大型や重量のあるもの向け

パレットラックは重量ラック・重量棚とも呼ばれています。その呼び方の通り、重量のあるものや大型の物品を設置・保管に向いているため、大型のオフィス什器やOA機器をお預かりするときに活用します。

パレットラックはとても頑丈です。500kgを越える積載が可能ですので、かなりの重量があっても耐えられます。いっぽうでは組み立てや積み重ね、分解や移動がしやすいボルト締めの構造という一面もあり、強度の割には扱いやすいメリットがあります。

パレットラックは、パレットと呼ばれる荷役台を載せることが多いため、そう呼ばれるようになりました。

ポストラックは折り畳み可能なスリムタイプ

ポストラックも重量のあるものを載せられる丈夫なタイプです。製品によっては1トンを超える重量でも積載することができます。

「それならパレットラックと同じでは?」と思われるかもしれませんが、大きな違いは「折り畳みができる」という点です。使わないときには折り畳み、スリム・コンパクトにしておくことができるため、保管場所で倉庫のスペースを無駄に使う必要がありません。

また、ポストラックは積み重ねて設置することもできます。空間を上部まで使えますので、より多くの荷物の保管に向いています。

パレットを置くことなく、直接荷物を載せられるのも特徴のひとつです。ほかのタイプのラックは底面に数本の支柱を通してあるだけで、隙間ができているものが多いのですが、ポストラックは支柱の数が多く、隙間が少なくなっています。

パレットや下敷きになるものを用意しなくて良いため、手軽に荷物を積んでいくことができますね。丸めたマットや絨毯の保管にも役立ちます。

設置するラックのタイプで効率的な保管が可能

パレットラック、ポストラックは、似ているようで大きな違いがあります。それぞれの特徴をうまく活かすことによって、限られた保管スペースを効率的に使うことが可能です。

貸倉庫を使うとき、ラックが用意されているのなら、効率的な保管ができるよう、ぜひラックのタイプをチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました